解放区在住氷翠 緑の閃光
【解放区在住氷翠 緑の閃光】WEB入門

WEBサイトの種類【WEB入門】

2015-06-22 21:22

WEBサイトの種類といっても、昔はそんなものはなかったw
というのは、HTMLによる表現がそれほど柔軟なものではなかったからだ。
いつの日からか、区別するようになったわけです。

たぶん、WEB2.0の時代に突入した時だろう。とはいっても、WEB2.0が言われ始めてそんなに経っていないw
このWEB2.0とは、2005年頃言われていたもので、WEBサイトとは通常、サイトを発信し、情報を得ようとユーザーが見ている。そんな一方通行のものだが、このWEB2.0というのは、ユーザーも参加し、情報を発信することのできる双方の情報発信サイトといってもいい。今ではそれが当たり前のようになっているのだが、昔はそんな考えはなかったわけだ。

その後、まぁかなり飛躍するが、SNS(ソーシャル・ネットワークサービス)とか、そういったものが主流になっているんじゃないだろうか。
SNSはユーザーが情報を発信する場所を提供するサービス。
mixiとか、Facebookとかそういったものが挙げられる。他にもいろいろあるのだが、氷翠はFacebookをメインにしている。

現在では従来のサイトに加え、SNS、ブログといったサービスが挙げられる。
いずれもほとんどが無料で利用することができるため、ユーザーの数はものすごい。
また、ショッピングサイトも充実してきているので、ユーザーも十分に検索し、家にいながら十分なショッピングを楽しむことができるようになった。
ただ、これに関してはクレジットカードさえあれば、際限なく買い物ができるため、借金地獄になるといったこともある。
その辺は自己管理といったところだろうか。

一口にショッピングといっても、大手の企業ばかりではなく、個人でも出店することもできる。
Yahoo!ショッピングなどは無料で出店することができるサービスも展開しているため、個人でも容易にWEB上でお店を出すことができるようになっている。
もちろん、売れるかどうかは出展者の腕次第だが。

既にYahoo!ショッピングの無料は停止になっており、有料のみということらしいけど、ネットの中ではどんどん変化しています。
あと、これらショッピングサイトのことを「ECサイト」とよぶが、個人のWEBサイトで簡単に展開することができるようになったパッケージがある。

「EC-CUBE」というものだ。

今後も様々なサービスがどんどん増えていくだろう。