解放区在住氷翠 緑の閃光
【解放区在住氷翠 緑の閃光】WEB入門

CGIとは【WEB入門】

2015-08-06 07:22

CommonGatewayInterfaceの略で、WEBサイト上で動く特殊なプログラムのことです。
このCGIが出始めた当初はPerlという言語しかなかった。
その後、RUBY、PYTHON、PHPといった言語が登場し、より柔軟なWEBサイトを構築することができるようになりました。
当サイト『解放区在住氷翠』は基本、WEBで作られたフレームワーク「Wordpress」というもので構成されています。
フレームワークについては別の機会で…

ということで、CGIとPHPが別々に記述されているのは、氷翠としては変に感じます。
PHPもCGIの一種なのですから。
「スマートフォンとiPhone」と言っているようなものです。

基本的にこのCGIというのは、ブラウザの中で動作するものではなく、WEBサーバー上で動作し、その結果をWEBサイトとして出力、それをブラウザが受け取って表示している。
流れとしてはそう難しいものではありませんが、やはりプログラムはプログラム。
上記で記した言語以外にもCGIとして動作する言語はあるので、これもやはり自分にあったプログラム言語をさがしてみたほうがいいでしょう。

氷翠もはじめはPerlから入りました。
しかし、なかなか馴染めず、PHPに移行した途端に出来るようになった感じです。
基本的なものを作り、今では中堅クラスのプログラムなら作れるようになったので、これは誰でも作ることができるものだということです。

プログラム言語ができるから頭がいいというわけではなく、流れを組立ててそれを言語に置き換えるとどうなるかができれば誰でもできるので、いろんな人にプログラム言語に触れてもらいたいと思っています。

数多くのプログラム言語がある中、CGIはとりわけWEBサイトを構築するために特化した言語なので、難しいことはほとんどありません。
C言語とかだと、メモリはどのくらい使って、メモリのどこに変数を用意して…そんなことを考えながらプログラムを組んでいきますが、PHPやRubyなどはその辺りは自動で処理してくれるのです。
いろいろと簡略化されているので、初心者でも十分なプログラムをつくることができます。

何か作りたいと思うのであれば、まずはCGIを作ってみるところから始めてもいいのではないでしょうか。