解放区在住氷翠メニュー

PHP

2015-09-02 14:30

LINEで送る

2015-09-0201

氷翠が基本的に使っているWEB系プログラム言語です。

HyperText preprocessorの略なんだけど、日本人の氷翠には、何故これの略がPHPになるのかよくわからんw
が、Perlとは違って、HTMLの中に記述することができる言語なので、先にHTMLで全体のレイアウトを作っておいて、あとからPHPをプログラミングしていく…なんてこともできるわけです。
C言語のようなコンパイル系ではなく、basicのような1行ずつ解析し実行されるインタプリタ言語です。
インタプリタ言語となると、処理が遅いような感じもしますが、これが意外と処理が早いと感じます。
もちろん、PHPを扱うのであれば、拡張子を「.html」から「.php」に変更しなくてはいけません。
単純なエラーとなっていまいます。

2015年8月6日の時点では、基本的に5.2.3、もしくは5.2.4のバージョンが主流となっていています。
PHP7.1がすでに主流となりつつあります。より高速に処理することができるようで、繰り返し処理なども効率よく回すことができる。
今後はそのための工夫を凝らした処理も考えていけそうです。

また、ユーザー関数などもより厳密な記述の仕方ができたりと、氷翠もまだまだ勉強が足りていませんが。

Perlの時は日本語を扱うのだけでも一苦労。現在ではどうなのかはわかりませんが。
PHPの場合は簡単に扱うことができます。もちろん、文字のエンコードも。
マルチバイトのモジュールを使うことでどのエンコードもサポートしてくれます。
その他、GDというグラフィック関連のモジュールをセットすると、プログラムによって、画像の加工や合成といった簡単だけれどもそういったことが可能になります。

このタグの中でプログラムを記述していくことになります。