解放区在住氷翠メニュー

NSTableViewを使ってみる【swift】

2018-01-26 18:24

LINEで送る

このページの環境は
Swift4をベースにしています。
また、開発環境はXcode9
MacosはHighSierra 10.13となります。

ということで、氷翠が現在必要なオブジェクトとして、表組みが必要なので、これを使ってみることにします。
ほぼ、ググって出てきた情報のままですが、とりあえずできたので。

ここまででわかったのは、Macosのアプリケーションをつくる場合は、「NS〜」という感じのオブジェクトを利用するということ。

ということで、今回使うのは、「NSTableView」という表組み用のオブジェクトです。
こんなものがあるので探してみましょう。

今回の目的はとりあえず、表組みを組むことなので、ウインドウいっぱいに配置しました。
で、カラム数は1。

こんな感じです。

上のような部分でカラム数を変更することができます。

そのあとは「ViewController」とつなげてあげる。今回はこの「ViewController.swift」でのプログラミングとなります。

ということで、ステージに配置した「Table View」から右クリックでドラッグして「View Cotroller」まで線をつなげてあげます。
すると、

こんなのが出てくるので、「dataSource」というところを選択します。
これでデータが反映される仕組みが出来上がったようです。

まず、配列変数を用意してあげます。
それが3行目辺りにあるものです。いつでも使えるようにここで宣言しているのでしょう。

そうしないと、下の方にある2つの関数が活きてこない。下2つの関数はテーブルを作成する上で必要になる関数で、「numberOfRows」はテーブルのレコード数を定義しているようだ。もう一つの関数はその内容を返す。

いろいろと疑問点が残っているが、今回はとりあえずここまで。
氷翠はこれで表示できました。
目標は、この2つのカラムが必要なので、そこは次回。