【解放区在住氷翠 緑の閃光】氷翠のお気楽日記

一瞬の1週間

2020-05-16 20:40

javascript > お気楽日記

どうも、氷翠です。

どうにも一瞬で終わったような気がする。

プログラミング自体はやはりPHPは少なめ。作業のほとんどはHTMLとJavascript。まぁ、一般的にはこれらの言葉はなんんなのかわからないと思うが、WEBサイトを構成するものだと思ってもらえればいいかと。

WEBサイトは通常、サーバーからサイトの情報が各端末に送られてくる。PHPはそのサーバーの中であらかじめプログラムを実行して、その結果をWEBサイトのような感じで端末にくる。また、先ほどのJavascriptは端末の中で実行されるプログラムだ。HTMLはWEBサイトのページを形作っているもの。

その考えは今でも変わってはいないが、様式はだいぶ変わってきているが行ったり来たり。昔の考えを今も取り入れているのだ。というのも、現在ではページをいったん全て読み込み、レイアウトを整える。その後にそれぞれのブロックの中に入る情報をサーバーから取得している。そんなやり方が最近では多いわけだ。

WEBサイトを閲覧しているほとんどの人はスマホからのアクセスのため、レイアウトは関係ないと思う。それは認める。しかし、パソコンから見るWEBサイトは、同じサイトでも見え方が全く違うものなので、物によってはスマホよりもずっと見やすいものになっている。

という観点から氷翠はパソコンで見る方がいいと思っている。

話を戻すが、ブロックごとにサーバーから情報を取得する仕組みが確立したのは、Javascriptの進化だろう。前の会社で後輩が、今後は「AJAX」が強みになってくる。そんなことを話していた。氷翠は今後はPHPが大きく出てくる。そういう話をしていたことがあった。もう10年以上前の話だ。

結局、その会社で一押しだった「コールドフュージョン」というサーバーのシステムがあったのだが、その数年ですたれていき、当時、動画関連でかなりの強みだったフラッシュも今ではなくなってきている。今では普通のWEBサイトに動画を埋め込むことだってできるし、音楽を再生することもできる。※これはHTML5になってから。

さて、そのAJAXが「JQuery」とかフレームワークがサポートするようになり、いろんなブラウザで簡単に利用することができるようになり、先ほどのブロックごとで情報を取得するという発想が容易になったわけだ。

更に、サイト上で文字を編集する機能も付いて、ますますWEBサイトが、仕事をするためのツールとして役にたってきている。そんなわけで、氷翠も仕事上で必要な情報をどこでも編集できるように、そういったツールを作成しようと試みているところだ。

えぇ、その作業、一つのページを作るだけで、ものすごい情報量を扱うため、1ページ作るのに3、4日かかっている。そんなこんなで1週間どころか、1ヶ月近くがものすごく短く感じているところ。

まだ作り込んでいかねばならないし、今はまだ初期段階。氷翠はまだ先の方を狙っているので、でかいものを作るのはまだ先になりそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。