データベースとは…【WEB入門】

2016-07-24 7:55 PM

インターネットの世界では、今ではよく耳にする単語ではないでしょうか。

ということで、簡単に言うと、情報をまとめて管理するためのアプリケーションだと氷翠は思います。

わかりやすい形でいくと、まぁ、会社員であるなら、一度は使ったことが、もしくは見たことがあるんじゃないかとおもいますが、Exel。
このエクセル自体はいわゆる「表計算ソフト」と呼ばれるものです。
横軸と縦軸があり、表組をしていき、最後に計算させるというもの。

しかし、今回のデータベースというのは、データをただただ蓄積していき、瞬時に、必要な条件で必要な分だけ取り出すことができる。

また、エクセルの一つのファイルが、一つのデータベース名。エクセルにはシートと呼ばれるページみたいなものがありますが、これが「テーブル」という感じでしょうか。

それがデータベース。

↑のようなイメージ?データ自体はもっときれいに並んでいるのだけどw

データベースからデータを取り出すためには、「お問い合わせ言語」というプログラミング言語の一種だけど、プログラミングとはちがった感じの言語を利用します。

データベースには種類があります。

「Postgres SQL」とか、「mySQL」など、代表的なのは左の二つですが、氷翠は主に「mySQL」を利用しています。
そのレンタルサーバーで利用できるデータベースは決まっているので、十分確認した上で利用したほうがいいでしょう。

さらに、これらデータベースを利用するために必要な情報があります。
「ホストアドレス」「ユーザー名」「パスワード」「データベース名」最低限この3つの情報が必要になります。

データベースサーバーは、WEBサーバーとは独立した存在になっていて、さらに独立したアプリケーションであるため、瞬時にデータを取り出すことができるようになっています。